jubancename

ベルジュバンスは

なぜ弱酸性が理想なの?
人間の皮膚は弱酸性、だから毎日使うシャンプーやボディソープ、スタイリング剤、美容室で使用するヘアエステ、ウェーブ、ヘアカラーなどの製品すべてを皮膚と同じ弱酸性にすることが必要と考えます。

何を基準にして弱酸性というの?
髪や肌はタンパク質で構成されています。タンパク質には理想のpHがあります。一般的な弱酸性とは水(中性pH7.0)を基準としpH6.0前後としていますが、ベルジュバンスは人間の皮膚・頭髪(pH5.0前後)を基準としたpH4.0前後を理想の弱酸性と考えます。
※pHとは酸性とアルカリ性を測定するものさしです。

ベルジュバンスは

PageTop▲

エイジングケア

肌がアルカリ性になるとどうなるの?
皮膚・毛髪を構成するタンパク質はpH5.0前後ですが、上記の図のように酸性側に寄ると皮膚・毛髪は引きしまり(収れん作用)、逆にアルカリ性側に寄るとふくらんだり、たるんだり(膨潤作用)します。
弱酸性の化粧品の適度な引きしめ作用によって肌のたるみ(シワ)を防ぐという発想は大切ですが、本来、頭皮と顔の皮膚は一つのつながりをもった球体なのです。ですから顔の皮膚だけを引きしめても、頭皮がたるんでいれば当然顔の部分にも影響を与えてきます。
このように頭皮から顔の皮膚、そして全身へと人の皮膚はすべて連続したものでると考えると、頭皮の化粧品だけでなく全身の化粧品が弱酸性であることが望ましいのです。
これまでの美容は「美しく見せる」という見た目だけの美容に重点がおかれてきました。
しかし「美しくする」ということは素材を美しくする美容、つまり健康美容であり、これからのエイジング・ケアは全身を弱酸性に保つことが必要となってくるのです。

シワの原因

弱酸性にするとどんな効果があるの?
●引きしめる効果と殺菌作用で肌の老化や小ジワを予防することができます。
●体内の老廃物はアルカリ性側から酸性側に流れると言われていますので、
  体内はアルカリ性、皮膚を弱酸性に保つことが大切です。
●毛髪・頭皮を引きしめる効果によりハリとツヤを保つことができます。
●皮膚を弱酸性にすることにより健康で透明感のある肌を保つことができます。

ベル・ジュバンスのデメリットは?
一般的なアルカリ性パーマやカラーにくらべると、ベル・ジュバンスは
「多少時間がかかる」「もちがわるい」と感じる方もいらっしゃるかもしれません。

即効性は弱いが

ベル・ジュバンスが一番大切にしているものは、お客様の健康であり美しさです。
お客様の肌や髪に対して「即効性が弱いのではなく、それが優しさ」だと考えます。
ベル・ジュバンスがお客様にお願いしたいことは続けていただくことです。
繰り返し続けていただくことで、デメリットをメリットに感じていただえkると思います。

頭皮と毛穴を磨きます

PageTop▲